貸切屋形船について

東京屋形船の貸切、乗合について

東京の屋形船には貸切・乗合と2種類の乗船方法がございますが、
その違いについて解説いたします。

貸切屋形船についても貸切りの条件などがございます。
それについてもご紹介していきます。


貸切屋形船について


貸切屋形船とは文字通り屋形船を貸切るタイプの乗船方法です。

しかし、貸切るには最低乗船人数を上回っている必要がございます。
東京の屋形船では平日だと15名以上~、金曜、休日は20名~の
貸切が多いです。

少数の船宿さんですが、
屋形船を運営する船宿さんによっては平日20名以上~、
金曜、休日25名以上~のところもございますし、
逆に平日は10名以上~、金曜、休日は15名以上から貸切りの
屋形船もございます。

あとは、シーズンによって貸切最低人数は変わってきます。

お花見のシーズンなどの繁忙期にはどこの船宿さんも基本的に、
最低貸切人数が+5名されます
ですので、最低貸切人数が
通常時:平日15名以上~、金曜・休日20名以上~
    ↓
繁忙期:平日20名以上~、金曜・休日25名以上~
と変更になります。

もし貸切りの最低乗船人数に届かなかった場合で、
人数自体12名ほどしか集まらなくても、15名分の料金を
お支払いされれば貸切りで屋形船を乗船することができます。

極端な話、2名で豪勢に貸切ることも可能です。
(実際そういうお客様もいらっしゃいます。特別な日などに。)

 


乗合屋形船について


乗合屋形船は少人数のお客様方が集まって乗船する方法です。

貸切屋形船はすべての船宿さんで行っているのに対して、
乗合屋形船は一部の船宿さんでしか取り扱っていないので注意
必要です。

また、乗合屋形船を取り扱っている船宿でも頻繁に定期的に
出船している船宿はごく少数となります。

金曜、土曜や繁忙期のみ乗合屋形船を出船という船宿が多いです。

主な出船場所は浅草や晴海乗船場からの出船が比較的定期的に
出船しております。

共有桟橋からでない場合は品川方面からも多めに乗合屋形船が
出船しております。

もう一つ注意が必要なのは、船宿さんのホームページ上で
出船スケジュールなどが記載されておりそれを見て出船しいると
安心してしまうことです。

スケジュール上、予定が入っていも実際は10名以上人数が
集まらない場合は出船しないなどの規定が記載されています

出船確定と記載がない場合は船宿さんやあんない窓口などへ
問い合わせして確認をしてもらうようにしましょう。

 


 

以上が、貸切屋形船と乗合屋形船の違いと注意点です。

東京の屋形船についてのお問い合わせは屋形船あんない窓口まで